小学生向けに「パソコンの教科書」を作るべきだ!

良かったらシェアしてね!

こんにちは、超受験生かいたです。

正直、記事を書いてる暇はほとんどありません!
でも書きたくて書きたくて震えるので書いちゃいました。(ブログ思うほど切なく感じて…)

この記事の始まりは、このツイート。

2020年 小学校プログラミング必修化

皆さん知ってました?ガチで必修化されるみたいですよ。

2020年に向けて色々頑張りすぎてませんかね…オリンピック、自動運転、色々とありますね。
(本当に全部成功できるのか…?)

必修にする目的は?

プログラミング教育とは、子供たちに、コンピュータに意図した処理を行うよう指示することができるということを体験させながら、将来どのような職業に就くとしても、時代を超えて普遍的に求められる力としての「プログラミング的思考」などを育むことであり、コーディングを覚えることが目的ではない。

小学校段階におけるプログラミング教育の在り方について(議論の取りまとめ)ー 文部科学省

どうやら「プログラミング的思考」などを育みたいらしいです。

その他にも、他国に遅れを取らないようにするためだったり、IT関連の人手不足解消など様々な目的があるみたいです。

詳しくはグーグル先生に聞いてください。

今回は、プログラミング必修化に関する記事ではないので、この辺は触れません。

僕が経験したパソコンの授業

「パソコンの教科書がなくても、学校の授業で使い方は習うだろ」
このような意見が多いと思います。

本当に『パソコンの使い方』は習っているのでしょうか。

今回は、僕の思い出で振り替えりたいと思います。
読みにくい点が多いので、時間のない方は飛ばしてください。

小学校

僕は幼稚園の頃からパソコンに触れていたので、周りと比べると有利でした。

低学年、中学年では『ジャストスマイル』を使っていました。
ジャストスマイルのお絵かきは、マウスひとつで直感的に操作できて、とてもとても楽しかったです。

他にも、名刺を作って交換し合った覚えがあります。

高学年に入ってからは、新聞を作るためにインターネットで色々調べたり。
ローマ字入力、かな文字入力の縛りは特にありませんでした。

ちなみに、僕の通っていた小学校には、4年生から週に1回のクラブ活動があります。
将棋が好きで2年間続けていましたが、パソコンはもっと好きで…5年生の終わりに友達とパソコンクラブを作りました。めっちゃ良い思い出です。

かいた
残ってたら嬉しいなぁ

クラブ活動では、基本的にタイピングの練習ばかりでした。

そういえば、キャプテン99の大冒険?ぽい名前の掛け算練習サイトもやったような…

中学校

技術・家庭の技術分野にパソコンの実習が入っていました。

覚えている限りだと…カレンダー作り、ホームページ制作、プレゼンテーションぐらいです。

僕は勉強が得意ではなかったので、技術のパソコンの授業だけ輝いてましたw

多分、このあたりからパソコンの技能に生徒内で差が出ていたような気がします。
失礼な話ですが、不得意な人は本当に不得意というか…。作業を進めるのが遅い人と早い人で時間の差がかなり開いていましたね。

そのほとんどの原因が、タイピング能力です。

あと、「フリーズした!動かない!」って人で多かったのが、IEをいっぱい開いていたり、訳わからんことしていたり。

ちなみに、やんちゃだったかいたくん。フィルタリングに引っかかると、先生のパソコンに通知が行くのを利用してF5キーで攻撃しまくってましたね。(めちゃ怒られた)

高校(商業科)

どうも、現役高校生です。

商業科なので、情報処理という科目があり、この授業が本当に幸せでした。
基本的に、毎回検定へ向けての実技演習が中心でした。

(検定といっても、問題に書かれた条件通りに表やグラフを作るだけです。)

ここでも、タイピングやテクニックで、かなり差が開きましたね。
セルの移動、コピー・貼り付けなどを全部マウスでやる人がいるんですよ。
限られた時間の中で表を作るわけですから、効率的な操作が求められます。

こんな言い方は失礼ですが、検定に落ちる人はマジで非効率的な操作です。

見ていてちょっとイライラしちゃいますw

隣のセルに移動するだけでマウス使うなんて吐いちゃうよ。

今、小学生に必要なパソコンの教科書

ついに、本題へ入ります。(ここからガチ)

先程述べた通り、生徒同士でパソコンの技能に差が開きすぎています。

記事のはじめに、文部科学省が公表したページの引用で『プログラミング的思考』がありましが、僕はこのままでは身につかないと思います。

タイピングが遅かったり、効率的な操作が出来ない人は文字の入力などに必死過ぎて、先生の話を聞いたり、考えたりする余裕はありません。(実際に見た)

1000m走で例えると、体力がない人にとってはゴールするのに必死です。
ですが、体力がそこそこある場合、走り方の改善やペース配分などを意識しますよね。

(例えが悪いかな…)

だから、プログラミングで時代を超えて普遍的に求められる力を身につける前に、
学ぶための環境作り』をしたほうが良いのでは?というのが僕の考えです。

教科書の目的

僕が作るべきだと思う教科書が目指すのは
パソコンであらゆる能力を身につけるための環境作り』です。

例として
僕が思う漢字を覚えるための前提条件は、

  • 鉛筆を使える
  • 見た字を真似て書くことができる
  • ひらがなが読める

他にも画数を数えられるなど色々ありますが、とりあえずこの3つは外せません。

次にパソコンであらゆる能力を身につけるための前提条件は、

  • パソコンをストレスなく快適に操作できる
  • 情報の取捨選択ができる

だと思います。(この辺りは、人それぞれ考え方がありますが…)

『パソコンを〜できる』というのは、キー配列を意識しないで文字入力ができたり、ブラウザを開きすぎてフリーズさせない、などの基礎的な部分です。

ショートカットキーやコピー&ペーストなどを覚えるのは、基礎ができあがってからです。

情報の取捨選択には、ネットリテラシーも含まれています。初めて想像したモノを作るときは、どんなことをすれば良いのかわかりません。

なので、友人や先生のアドバイスやインターネットに載っている情報から自分にとって価値のある情報を選んでいく力が必要です。

その力を鍛えるために、ヒントは自分で考えるのです。

興味はあるけれど、教えてくれる人がいないから諦めるのではなく、
独学という選択肢を知るきっかけにも、つながるのではないでしょうか。

インターネットなら、無料で莫大な知識が手に入るのに、諦めるなんてもったいないです。

実際に教科書作ってみた

目的だけ読むと「どんな教科書だよ!」と思いますよね。

制作物は、小学生向けなので、作品はデータではなく形に残るものが良いかと考えています。
(理由は後で説明)

こんな感じです。
初めて作ったので、デザインとか見やすさとかは勘弁してください。

山登りで説明すると、
山頂は缶バッジ完成です。ただし、山頂に行くまでに通過点(気をつけることリスト)を通らなければいけない。通過点さえ通れば、登り方は自由。といった感じです。

右側の画像は完成図です。

缶バッジ制作は、100均で4,5種類買えば材料すべて揃います。

ヒントは書きません。自分で考えるのです。
友人や先生からのアドバイス、自分で調べたことをメモする欄です。

聞いたことや読んだことをメモしていれば、自然と情報の取捨選択もできるようになるのではないかと考えました。

低学年、中学年では、ジャストスマイルなどの学校が導入しているソフトを使用して作っていくスタイルです。

高学年になったら、フリーソフトをインストールしたり、選ぶという経験も身につけられるようなものが良いかなと思います。(ちょっと危険かな?でもそれぐらいで良い)

このような教科書で学習すれば、タイピングやネットリテラシーなどが身につくと同時に、どうすれば効率的に作れるかを考える時間が多くあるので、自然とパソコンのテクニックなども身につきます。

なぜ形に残るもの?

理由は2つあります。

1つ目 記憶に残りやすく、整理がしやすい。

制作が終わったら、クラスで発表会を開きます。

  • 工夫した点
  • 頑張ったこと
  • 難しかったこと
  • 自分の思う作品のすごいところ

このような感じの内容で、1人1人がみんなの前で。
項目に沿って、考えてるうちに頭の中を整理できるかなと思います。

整理しているうちに、記憶に残ると僕は思います。

それだけではなく、トーク力や人前で話す勇気が身につくことが考えられます。

2つ目 親に見せることができる。

幼いときは、褒められると素直に嬉しいですよね。
形に残るものなら、家でも簡単に発表会ができて、褒められるチャンスが増えます。

それに、パソコンが無いと子供の作品を見れないなんて悲しいです。
話だけ聞いていると、「そうなんだ、すごいね」と気持ちのない言葉になってしまい、親子関係や子供の向上心に影響が出て来る可能性もあります。(少し大げさかもしれませんが)

子供は、表情から感情を読み取るのが得意ですし。

子供が作品を親に見せたことがきっかけで、パソコンを購入する家庭が増えると思います。

形に残る物の例

  • 缶バッジ
  • 名刺
  • カレンダー
  • お面
  • 絵本

自分で形に残る物と言いながら、これしか思い浮かばないなんて…

パソコンでそこそこ簡単に作れそうなものを思いついた方!コメント待ってます。

おわりに

課題やその解決策を挙げたところで、何も変わりません。

ということで、
進路活動が終わったら、小学生向けにパソコンの講座?のようなものを開きたいと考えています。もしかしたら、口だけで終わってしまうかもしれませんが…。

一人で複数人の小学生を相手にするのは、初めてなので考えただけでも緊張します。
(複数人で相手をしたことは、ちょこっとあります)

自分にとって必ずプラスになると思うので、必ずチャレンジしたいと思います。

良かったらシェアしてね!

記事が良かったらフォローしてね!

トップへ戻る