ついに、ipfoneだけでCDの曲を取り込める時代に

良かったらシェアしてね!

この記事はパソコンを持っていなくて、

スマホにCDの音楽を取り込めない方や

パソコンから取り込むのが面倒な方に、

是非読んでもらいたい記事です。

スポンサーリンク

スマホに直接CDの音楽を取り込める

ipfoneでCD取り込み

僕は2ヶ月に一度、プレイリストのリニューアルとしてレンタルショップに行きます。

結構音楽が好きなんです。(特定のアーティストばかりですが)

そのときの流れは(iPhoneを使用しています)

  1. 家に着く
  2. パソコンの電源をつける
  3. iTunesを開く
  4. CDを取り込む
  5. iPhoneを接続
  6. PCとiPhoneを同期

と、中々だるいです。

だるいんですが、なんと!ヤツを使えばこうなるんです。

  1. 家に着く
  2. アプリを開く
  3. CDを取り込む

終わりです。ガチです。最強アイテムここに爆誕。

その名も、CDレコWi-Fi(I-O DATE)

公式サイトはこちら↑

アプリを使えば楽曲情報もらくらく登録

CDレコアプリを使用することで、

取り込んだ音楽の楽曲情報を簡単に登録。

(インターネットに接続されていることが前提条件)

楽曲情報を登録すると、

アルバム名やアーティスト名が自動で登録され、

音楽を再生するときに自分が聴きたい曲を簡単に再生することができます。

それだけでなく、

CDレコアプリには頭文字検索や簡単にプレイリストを登録できる機能もあります。

プレイリストとは、簡単に説明すると

自分のスマホ内の好きな曲を集めて、簡単に仮想的な

オリジナルのアルバムを作ることができる機能です。

もちろん、CDレコアプリはCDレコ以外で取り込んだ曲にも対応しています。

つまり、今までにiTunesで購入した曲なども読み取ってくれるわけです。

(パソコンから取り込んだ曲にも対応)

CDレコWi-Fiはスマホに無線で接続

iPhone7からイヤホンジャックすらなくなりましたね。

ケーブル接続はLightningケーブルのみ。本当に取り込めるの?って思いませんでしたか?

なんと!CDレコWi-Fiは名前にある通り、Wi-Fiを使用してスマホと接続するので

ケーブルが必要ないんです!(Androidも必要ないよ!!)

CDレコWi-Fi

こんな感じです。

すごいですよね。ちなみに、CDレコWi-Fiはコンセントを使用しますが、

モバイルバッテリーがあれば外出先でも取り込めるのです!

(当日レンタル余裕)

で、ここまで読んで家にWi-Fiがないから…と諦めた方!

ちょっと待ってくださいこっからなんです。コイツのすごいところは。

QRコードで簡単にCDレコと1対1の通信が可能

なんと!信じられますかw!?

I-O DATAさん、流石ですよね。ちゃんとニーズを掴んでいます。

つまり、家にWi-Fiなんてねーよ!って人でも使えてしまうって訳です!

簡単に説明すると、

CDレコが自ら電波を飛ばします。

その電波をあなたのスマートフォンがキャッチして通信が可能になるのです。

更に、この機能を使うことで外出中でも曲が取り込めるのです。

ちなみに、iPod touchにも対応してます。

最強すぎます。

更に、AndroidはWi-FIを使用せずに本体とケーブルで直接つなぐ方式もあります。

iPhone向けのLightningケーブルバージョンも存在します。

音楽好きの方は、購入の検討をされてみてはいかがですか?

Wi-Fi接続版はこちら

(iOS,Android対応)

良かったらシェアしてね!

記事が良かったらフォローしてね!

スポンサーリンク